本ビデオの視聴に際しては、ご登録、もしくはログインいただく必要があります 登録 ログイン

横河電機が推進するDXアプローチとRPA活用の取組-成果を生み出すRPAのグローバル展開-

舩生 幸宏


横河電機株式会社
執行役員
デジタル戦略本部長(CIO)兼
デジタルエンタープライズ事業本部
DXプラットフォームセンター長

富澤 直之

横河電機株式会社
グローバル・ビジネス・サービス本部
GBS統括センター デジタル推進部
IPA課長

横河電機では、社員の生産性向上を目的としたInternal DXとお客様に対するLTV最大化を目的としたExternal DXを推進しています。本講演では、弊社のDXアプローチ概要と、Internal DX施策の1つであるRPA活用の取組について、ご紹介いたします。RPAをグローバルに展開し、YOKOGAWAグループ各社の大小様々な業務に取り入れ生産性を高める改革を進めていくにあたり、RPAが抱える課題、成果を生み出すためのマインドセット、組織設計、ガバナンスについての考え方、また今後の展望について共有いたします。

講演者情報

舩生 幸宏


横河電機株式会社
執行役員
デジタル戦略本部長(CIO)兼
デジタルエンタープライズ事業本部
DXプラットフォームセンター長

1990年に大学卒業後、㈱NTTデータに入社し、金融機関(大手銀行・証券・生保・損保)向け情報系システムの開発、プロジェクトマネジメント、インフォメーションモデリング、ITコンサルティング等に従事。

2000年にソフトバンクファイナンス㈱(現SBIホールディングス㈱)に移り、インターネット金融サービス企画開発、IT子会社のCIOを歴任。

2003年にソニー㈱に移り、ITのグローバル最適化を目指し、グローバルITガバナンス構築、グローバルITトランスフォーメションを推進。2009年から2013年までシンガポール赴任。

2018年3月に横河電機㈱に移り、執行役員(CIO)兼デジタル戦略本部長に就任。現在に至る。2019年4月からデジタルエンタープライズ事業本部 DXプラットフォームセンター長を兼務し、お客様向けDXサービスの企画開発を担当。

富澤 直之

横河電機株式会社
グローバル・ビジネス・サービス本部
GBS統括センター デジタル推進部
IPA課長

1997年筑波大学大学院卒業後、株式会社アスキーに入社、Web系ソフトウェアのローカライゼーションに従事。2000年インテル株式会社に移り、コンテンツ管理システム、データ解析自動化プロジェクト等を推進した後、2007年に情報システム部長就任。2013年からは法人営業本部技術部長として顧客のIT活用を支援した。 2017年に横河電機株式会社に入社。働き方改革やRPAの推進に携わり、現在に至る。