本ビデオの視聴に際しては、ご登録、もしくはログインいただく必要があります 登録 ログイン

RPAを中心としたローコード開発プラットフォームによる生産性改革

松本 和久


株式会社日立物流
IT戦略本部RPAI推進G 部長補佐

従来の基幹システム/業務システムでカバーできていない領域に有効なRPAを中心としたローコード開発プラットフォームを用いてデジタル化、自動化による生産性改革を推進しています。当日の講演では、ローコード開発プラットフォームの導入拡大に向けた取り組みを主にマネジメントの視点で紹介します。

講演者情報

松本 和久


株式会社日立物流
IT戦略本部RPAI推進G 部長補佐

2013年に日立物流に入社。主にプロジェクトマネジメント手法の開発に従事。2018年よりRPAの導入に参画し、現在に至る。