本ビデオの視聴に際しては、ご登録、もしくはログインいただく必要があります 登録 ログイン

レジリエンス(回復力)の高いBot、再利用可能なBotの構築
Building Resilient, Reusable Bots

中川 武也

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 プロフェッショナルサービス本部 RPAプログラムマネージャー

RPA プロジェクトをスケールさせるためには、Botの再利用性と回復力を考慮して開発することが重要です。レジリエンス (回復力) の高いBot、再利用できるBot構築のためのベストプラクティスをご紹介いたします。

講演者情報

中川 武也

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 プロフェッショナルサービス本部 RPAプログラムマネージャー

AA導入プロジェクトのPM、COE構築支援、技術コンサルティングに従事。Java等のプログラミング・DB設計、営業系・情報系システムの導入・PMに長く携わっている。